メニュー
Staff

職員の声

あなたにとって、
職場はどんな存在ですか?

こうのす共生病院 入職6年目
看護師霜田 佳代子
INTERVIEW

インタビュー

患者様に関わる時間を増やすために

ー 鴻愛会に入職した理由は?

前の職場では半日パートで整形外科病棟に勤務していました。
半日勤務ということで患者様に関わる時間が少ないため看護師として物足りなさを感じていました。子供も手のかからない年齢になり、今後どのような勤務が良いのか、思い切って職場を変えてみようかと悩んでいた際に、既に鴻愛会で勤務していた看護学生時代の先輩に相談したのがきっかけです。

患者様らしく生活できるようにサポート

ー やりがいを感じることは?

病院で治療や療養されていた患者様が、ご自宅で生活するにあたり当院の医師や看護師だけでなくケアマネージャー・訪問看護師・訪問リハビリ・介護士・調剤薬局の薬剤師など様々な経験豊富な職種の方と連携をとることにより患者様が患者様らしく生活できるようにサポートしていくことにやりがいを感じます。

寄り添う看護で患者様に務めていく

ー 現在の仕事の魅力は?

当院での在宅診療は今年で3年目と比較的新しい部署です。前任者の方が構築した在宅診療の流れを引き継ぐとともに、在宅診療の同行看護師として当院の病院理念である「こうのす共生病院だからこその在宅医療を」を念頭に患者様に寄り添う看護をどう提供をしていくのかを積み重ねてね来た知識・スキルをベストな状態で患者様に努めていくことなどに魅力を感じます。

私のベストパートナー

医事課 森下さん

 

森下さんは旧病院から新病院に移転し私が外来部門に所属していた時から、外来業務や運営・患者様の対応など様々な状況を共有してきた医事課の方です。看護部として一方的な医事課に対しての注文も冷静に判断し対応してくれる頼もしい方です。

 

ときに私が狭量になってしまう際には、広量な森下さんに助けられることもしばしばあります。良いエピソードも振り返りが必要なエピソードもいつも共感・共有し、こうのす共生病院の『共に生きる』の精神を第一に考える大切な仲間であり部署を超えたベストパートナーです。

TIMELINE

1日の流れ

8:30

朝礼ほか

在宅診療や嘱託医の1日の確認
外来朝ミーティング参加
訪問スケジュールの確認
在宅診療に必要な備品確認

9:30

在宅診療開始

在宅診療後必要に応じて連携機関に報告
各種報告書作成
*院内にいる際
・医師との患者様の情報共有
・各連携施設に対して在宅診療のスケジュール調整
・在宅療養中の患者様の電話相談
・新規患者様の受け入れ調整
・各種書類の管理

12:30

昼休憩

昼食をとります。

13:30

午後の在宅診療開始

午後の在宅診療開始

16:30

翌日の準備

在宅患者様の電子カルテの看護記録の必要項目入力
次の日の在宅診療のカルテ確認

17:30

勤務終了

退勤します

逢いに行こう。寄り添う先の、新たなわたし。

エントリー・説明会などの
ファーストステップはこちら